美白化粧水の成分比較・通常のハイドロキノンと新型

subpage01

美白化粧水は流行に乗って安定した定着を見せています。

化粧水の比較をさらに詳しく調べてみませんか。

通常のローションよりも比較的に売れやすいのもポイントですが、多種類に及ぶ物が流通しています。


その中でも脚光を浴びている「ハイドロキノン」ですが、麦芽やコーヒー豆、通常のブルーベリーにも入っている天然成分です。

主な効果はメラノサイトの原因であるチロシンを疎外する作用があり、どの天然の美白成分と比較しても、圧倒的な力を示すのがメリットとなります。
化粧水にも添加される様子が目立ち始めたハイドロキノンですが、元々は医療のみで使用されてきた特有成分です。



2001年あたりから一般向けにも使えるように推奨されるようになりました。

しかし、ハイドロキノンは威力が有りすぎる反面にデメリット・副作用も目立ちます。



紫外線に弱く、変形しやすいですからハイドロキノン入り化粧水を塗った後は、日光に浴びないか、日焼け止めを塗るか対処しなくてはいけません。もう一つのデメリットが酸化しやすいところです。
空気に晒されて酸化してしまうと[ベンゾキノン]という刺激物質に変形します。


化粧水に配合されているハイドロキノンには二種類あります。


通常の物と新型ですが、比較すると新型の方が明らかに機能するのが強みです。

通常の物は何も化学処理を行っていない様子がありますが、デメリットを誘発させやすいのが問題となります。


しかし、新型は化学的に改良を加えて、副作用をクリアしたハイドロキノンです。
回りに糖質や他の物質でコーティングすれば酸化しにくくなるのがポイントとなります。


近年では新型を添加した化粧水が販売されています。