さっぱりとしっとりの化粧水を比較してみると

subpage1

普段のスキンケアは、化粧水プラス保湿アイテムという人がかなり多いでしょう。

まず水分を与えて、その後油分で蓋をするスキンケアのやり方には、この方法が一番です。
ところで化粧水には、特に国内メーカーの場合には、さっぱりタイプとしっとりタイプがあることが多いです。

さっぱりとしっとりだと、成分などでかなり違いがあるように見えるのですが、実際比較してみた場合は、さほどに違いはありません。

化粧水の比較の価値ある情報を探してみてください。

さっぱりとしっとりを比較しても、成分的にもそう大きな差はなく、触感がいくらか違うだけです。



さっぱりタイプは使用感が軽く、べたつかないというのが特徴です。



その一方でしっとりタイプの化粧水は、使用感が比較的重いとか、あるいはとろみがついているということが多いです。
季節によって使い分けるという方法もあります。
ただし、とろみがついているから必ずしも保湿力が高いというわけではなく、保湿力が高いのに、水のようにさっぱりした商品もあります。


それから使う時にも気をつけたいことがあります。

さっぱりタイプだから沢山、しっとりタイプだから少し使うという人がいますが、しっとりタイプの場合も、肌がしっとりするだけの分量を使うようにしましょう。また、脂性肌とか毛穴が目立つという人は、しっとりタイプを使いたくなりますが、さっぱりタイプは乾燥しやすく、そのため一層脂が出たり、毛穴が目立ったりしがちです。


意外なようですが、しっとりタイプを使った方が肌の悩みが少なくなります。

化粧水の知識を増やす

subpage2

化粧水を比較するときには値段のことだけでなく、中身もしっかり比較しましょう。目的に合っている物のなかから肌タイプに合っているものを選ぶようにしましょう。...

next

化粧水の最新考察

subpage3

化粧品を選ぶ場合には、自分の肌質に合う化粧品を選ぶことが重要です。肌質に合わない化粧品を使っていると肌をきれいな状態に保つどころか肌を荒れさせてしまう原因になることもあります。...

next

学ぼう化粧水の事

subpage4

一口に化粧水と言っても、様々なタイプがあります。テクスチャで分けると、大きく言ってサラサラタイプとトロミタイプでしょう。...

next

化粧水の皆が知りたい情報

subpage5

美白化粧水は流行に乗って安定した定着を見せています。通常のローションよりも比較的に売れやすいのもポイントですが、多種類に及ぶ物が流通しています。...

next